REDMINEによるレポート作成のための自動化BOT

自動化は、作業を簡単にするために用いられます。 世界は様々なテクノロジー利用へと向かっています。 フィデルは、先進的なRPAツールAutomation Anywhereによるソリューションを提供しています。

このケーススタディでは、Automation Anywhere(BOT FOR REDMINE プロジェクトレポート作成)の利用について説明します。

ボットの概要

このボットは以下のことを実行します。

  1. 複数のプロジェクトのレポートを作成します。
  2. プロジェクトのチームメンバーの作業レポート。
  3. 複数のプロジェクトの所要時間追跡。

前提条件

  1. Automation Anywhere Enterprise v10.7以降。
  2. Redmineを使用したプロジェクト管理システム

特徴

ボットはRedmineツールにログインし、ユーザーの詳細を適切な場所に入力して、プロジェクトレポートを作成します。

利点

  1. 高速かつ効率的なプロセス。
  2. 正確なレポート作成。

ボットの仕組み

このボットはRedmineツールにログインし、テキストファイルからすべての詳細情報を取得します。そして日付(週、月、年)に基づいてレポートを作成します。また、各メンバーの作業レポートを追跡します。このボットは、要件ごとに毎日24時間・週7日ずっと稼動することができます。



入力データ:ボットは、開始日・終了日やユーザー名などのレポート作成に必要なすべての情報をテキストファイルから取得します。



出力:日付とチームメンバーの名前を入力すると、ボットはCSVファイルでレポートを作成し、ユーザーフォルダーにファイルを保存します。

ボット実行プロセス:
  1. Redmineバージョン(Yes / No)のユーザー選択。
  2. ユーザー名とパスワードを入力。
  3. Redmineウィンドウが開いているかどうかを確認。
  4. IEブラウザを使用してWebサイトを起動。
  5. ユーザー資格情報を入力し、ログインボタンをクリック。
  6. レポートページに移行し、日付やユーザー名/チームメンバー名などの必要情報を入力。
  7. 右下隅のCSVオプションをクリック。
  8. ダウンロードしたファイルの名前を「開始日と終了日」に変更。

エラー処理

このボットは、下記内容を実行することでエラーを処理できます:

ログ
  • エラーログMonth-Day-Year.txt:エラーが発生した場合、このファイルはエラーメッセージとタイムスタンプを記録します。
スナップショット
  • エラースナップ Month-Day-Year.png:エラーが発生した場合、このファイルはエラーのスクリーンショットをキャプチャーします。

RPA Development Process



上記のように、Automation Anywhereは、反復的なタスクを自動化することにより、単純な方法で人間の労力を大幅に削減します。 BPO、金融サービス、ヘルスケア、保険、ライフサイエンス、製造、公共部門、テレコムでご利用いただけます。


フィデルテクノロジーズのAutomation Anywhereによるソリューションを利用することで、作業プロセスが自動化され、人材を有効に活用できるでしょう。


自動化できる手動プロセスがある場合、弊社 infofidel@fideltech.comまでご連絡ください。