RPA Food Industry

日本の食品業界におけるRPAのソリューション

rpa for food

食品・飲料水業界におけるプロセスオートメーション‐概要

食品、飲料水業界のフロントエンドとバックエンドの作業の難しさにより、RPAとしてよく知られるロボテック・プロセス・オートメーション(ロボットによる業務自動化)の用途へのニーズが高まっています。今、なぜフロントエンドとバックエンドなのでしょうか?それはエコシステムの問題が深刻だからです。食品、飲料水業界のシンプルチェーンの例を考えてみましょう。加工食品と飲料水メーカーは流通業者、店員、レストランオーナーからのより速く、より高品質の需要の高まりに応えなければなりません。更に、大規模レストランやフランチャイズ等のオーナーもエンドコンシューマーからの要求に応えるのに苦労しています。エコシステムでのこれらのニーズにより、現場レベルでの生産・加工率を上げ、またエンドコンシューマーの最終レベルでの受注処理、注文管理、請求プロセスを迅速に行えるロボティック・プロセス・オートメーションティックオートメーションのメカニズムが求められています。それは大事なことですが、加工食品、飲料水業界のRPAのニーズと用途の重要な要素のひとつにすぎません。更に、食品、飲料水業界はたくさんのルールや規則、コンプライアンス、安全基準や手段、衛生基準やその他多くの基準・規則があり、マニュアルで介入・管理するには難しいものばかりです。RPAはそこですべての基準・規則に適合しつつ、導入とロボットのトレーニングプロセス中に規定、展開された通りに適切なアウトプットを最高の品質基準で提供できるソリューションとして機能します。

要するに食品、飲料水業界でRPAが必要な理由は下記の通りです。

  • コスト効率の高い自動化プロセスが用意できる
  • 高い運転、技術、規則、管理効率
  • 標準的ルール規則の順守
  • マニュアル介入の最小化
  • マニュアルエラーの回避
  • 業界のエコシステムを通じて、製造、加工、請求プロセスを複数の現場で行える
  • 労働力参入の度合いを維持、労賃を最小に抑える

食品会社におけるRPAのメリット

サプライチェーンの始まりは製造業を視野に入れるはるか前の、農業からです。ロボティック・プロセス・オートメーションは、正しく設計・応用すれば農業収穫高の増加につながり、プロセスに関わるそれぞれの要素の高いニーズに応えることができます。農場での収穫から自動加工工場、そして最後はレストランか末端流通業者のビリングマシンに至るまで、RPAは複数のプロセスを通じて結びつけることができ、それぞれの多様な要件に合わせることができます。ここに、食品会社における次のようなRPA導入の全体的メリットがあると言えます。

  • 製造・加工サイクルを通じた安全性の向上
  • 標準的品質管理の維持
  • 標準的操作手順の順守による、メーカーのブランド評価の維持
  • 作業記録による分析能力を伴った包括的なトレーサビリティで、複数のプロセスでの継続的改善に寄与

食品業界におけるロボティック・プロセス・オートメーションの適用例

食品、飲料水業界におけるRPA適用の目的についてご紹介致しました。しかし、食品加工業界におけるRPA適用の実際の現場は次のようなものです。

1. カットとスライス

カットとスライス工程はシンプルで手作業の工程で効率的にマネージできますが、RPAはより複雑で進化したカットとスライス工程においてニーズがあります。その一例が魚のカットで、不具合を取り除き、魚を一定の大きさにカットすることを含みます。

2. 精肉店

精肉店は、特別にカスタマイズしたロボティック・プロセス・オートメーション・プロセスを必要とするもうひとつの複雑なタスクです。しかし、RPAは難易度の高いカスタマイズされた精肉プロセスのためのテーラーメイドのソリューションとして、ロボットマニュピュレーターや様々なタイプのビジョンセンサーを用い、作業の安全と精肉工程と製品の均質化を実現します。

3. 野菜と果物のピッキングと配列

元来、野菜と果物のピッキングと配列はロボティック・プロセス・オートメーションにとって難易度が高いとされてきました。それは野菜と果物のことなるサイズによるものです。それらの形の多様性により、ダメージを低減するためには複雑なハンドリング機構が必要です。そのため、この作業は従来手作業によって行われてきました。しかし、ロボティクスには、ことなるサイズと質感からくる複雑さに対応するソフトグリッパーの採用による、ソフトロボティクスと呼ばれるものがあります。食品加工業界にはこの応用例がいくつかあります。RPAの応用は、加工だけにとどまらず、当然請求プロセスの自動化・促進につながります。大量の作業量を扱うフランチャイズのオーナーやフードアウトレットにおいて、RPAは、手作業を低減、作業効率を向上させる 最適のソリューションとなりえます。

日本のRPAソリューション–日本におけるAutomation Anywhereでのセールス、サービス、サポート

食品、飲料水業界は日本のビジネスの現場において繁栄する業種であり、2020年開催のオリンピックを控え、大幅な成長が見込まれます。この業界の経営者にとって、十分な顧客満足と最大級のビジネスの可能性の追求のため、エコシステム全体に介入、プロセスを促進できるメカニズムの成長機会とスコープをサポートすることが重要です。東京、大阪、愛知、神奈川と兵庫が食品、飲料水のショッピングセンターが多数ある重要都市です。日本のフィデルは日本のどこにおいても自動化を提供する、カスタマイズされ、高度に最適化されたRPAソリューションで日本におけるビジネスをサポートする世界規模のRPAソリューションプロバイダーのひとつです。

フィデルはRPAサービスの提案において様々なサービスを提供します。これらのサービスにはRPAのコンサルティング、RPAの設計、RPAの導入、RPAの技術サポートを含みます。日本において、Automation AnywhereのRPAサービスをご提供できる、フィデルに関する詳しい情報については、弊社までお問い合わせください。

ご依頼はありますか?

食品業界におけるRPAに関するご要望があれば
いつでもお気軽にお問い合わせください。
私たちが最良の解決策でお応えいたします。