RPA Healthcare Industry

日本のヘルスケア業界向けRPA

日本のヘルスケア向けRPA
日本のヘルスケア向けRPA

ロボットプロセスの自動化

  • 患者のセルフチェックイン
  • 患者フローの拡大
  • 収益サイクルの強化
  • 最適なケアの提供
  • クレーム管理

ヘルスケア業界は現在の状況での大規模な運用により、サービスやコンサルテーションに向けた、個別化されたアプローチを必要とするすべてのサービスストリームの中で最も将来性があり、RPAが貢献する運用の合理化対象の例外ではありません。今日、ヘルスケアは診察または患者ファイルのマニュアル管理に限定されているわけではありません。 実際、テクノロジーの出現以来、そのテクノロジーを維持し、いくつかの日常的な機能に統合してだけ行っているように見えます。 RPAにより患者のスケジュールを最適化し、時間がかかりかつ過度にマニュアルで行われる請求プロセスを促進し、保険金請求を管理し、関連する様々な種類の在庫を管理するなど、その機能の有効性を を証明しました。

RPAは成長するにつれて、かつては人間によって管理されていたヘルスケア分野における他のさまざまなビジネス機能を担っています。 専門家らは、ヘルスケアサービス分野におけるRPAの現在のポテンシャルは約35〜36%であると考えています。これは、運用プロセス全体の1/3をわずかに超えるだけなので、決して控えめな数ではありません。

世界で最大かつ最もポピュラーなRPAサービスおよびソリューションプロバイダーの1つであるAutomation Anywhereは、成功したヘルスケアRPAプロジェクトを提供し、ヘルスケアサービスプロバイダーが日常業務を最適化、より迅速でより多くを提供するためのより良い立場に立ち、顧客への的確なサービスを行うためのサポートを行います。

ヘルスケア企業におけるRPAの必要性

なぜヘルスケア業界でRPAによる自動化が必要なのでしょうか? この基本的な質問には、自動化されている場合、さまざまなヘルスケア業務の重要性、および患者によりよくより迅速にサービスを提供する彼らの能力向上の難しさについて理解すれば、最も良い答えを出すことができます。 多くの医療機関は、管理上の非効率性による制約により患者の限られた受け入れ人数の問題に直面しており、そのためその運営能力にもかかわらず業務拡大が妨げられ、また顧客サービスにも影響し顧客の不満を招いています。

また、データウェアハウスを持つ医療機関、特に大規模な組織は、組織的な管理とEHRに含まれる情報の利用に苦慮して場合がよくあります。 データを有用なトランザクション情報に変換するのに必要な労力はもちろんのこと、これらの巨大な未整理データロットのマニュアル管理は非常に面倒で、ストレスがかかります。 RPAは抽出を自動化、このデータを分析、重要なビジネス情報に変換し、リアルタイムの情報の可用性に基づいたより適切な意思決定を可能にします。

これらすべてのために、そしてもちろん、請求書発行、ベンダー管理、予約スケジュール、医師の予定表管理、在庫使用を最適化して未使用在庫の割合を追跡する在庫管理、ハウスキーピングスケジュールの管理、ICUの可用性など、他のプロセスを合理化します。RPAは最高のソリューションであることがさらに証明されています。

ヘルスケアにおけるRPAのメリット

ヘルスケアにおけるRPAには広範なメリットがあります。 RPAが直接、問題箇所に対処するとき、多くの日常的な管理業務のリリーバーとして機能します。 上記のすべてのビジネス機能を自動化することで、医療スタッフがより生産的で適格な活動に集中できる範囲が拡大、管理者が多くの工数を節約し、他の機能に向けることができるようになります。仕入先管理、必要な余剰人員および1 トランザクション あたりの処理コストの点でコスト削減を促進し 、正確な予約のスケジュール設定、および請求書処理の高速化を実現し、顧客サービスの向上に貢献します。

ヘルスケア産業におけるロボットプロセス自動化の例

Automation Anywhereは 、先に例を挙げた通り、ヘルスケアサービス分野でいくつかの成功したプロジェクトを提供しました。 これら3つのヘルスケアRPAの使用例を見てみましょう。

ケーススタディ 1

ある主要な医療機関では、新しい統合EMRへのアップグレードと30年分のデータの新しいシステムへの転送が大きな課題でした。 約64,000レコードのマニュアル転送には数カ月から数年かかると予測されていました。 しかし、RPAの実装により、非常に短時間でデータを転送(わずか24時間!)、2000人時以上を節約、100%の精度でデータの紛失もありませんでした。

ケーススタディ 2

他の大手医療機関も同様に、患者データ転送の自動化について懸念を抱いていました。 RPAの自動化は、100%のデータセキュリティと移行プロセスでのデータ損失ゼロで、完全な精度でプロセスを迅速化しました。

ケーススタディ 3

上記の2つに加えて、RPAにより、患者のセルフチェックイン、患者の流れの拡大、セルフサービスキオスク機能の強化など、他の多くの機能の自動化のサポートを行いました。

日本でのRPAソリューション – Automation Anywhereの日本における販売、サービス、サポート

日本では、東京、大阪、神奈川、愛知、兵庫が日本の医療サービス部門をリードする主要都市です。 Automation Anywhereの RPAの優位性は、Fidelのサービス提案と組み合わせることで、さまざまなビジネス機能を自動化、日本のヘルスケアサービスプロバイダーのサービスと技術的能力を増幅させるというポテンシャル可能性があります。 Fidelは、日本のAutomation Anywhere RPAの代理店です。 その提案内容には、RPAの販売、RPAの設計、および実装サービスを含むエンド・トゥ・エンドのRPAサービスの提供や、迅速かつ完璧なRPAの技術サポートを含みます。 日本のヘルスケアサービスプロバイダーとして、RPAの可能性を探り、 貴方のビジネスにおいて、そのメリットをご活用ください。

日本の医療業界は、収入サイクルの強化、最適なケアの提供、保険金請求管理、人件費の 節減 などのタスクとプロセスにRPAを実装できます 。日本のフィデル – Automation Anywhere RPAサービスの詳細については、弊社までお問い合わせください。

ご依頼はありますか?

ヘルスケア業界におけるRPAに関するご要望があれば
いつでもお気軽にお問い合わせください。
私たちが最良の解決策でお応えいたします。