RPA Insurance Industry

日本の保険業界におけるRPAのソリューション

rpa for insurance

保険業界におけるRPAのニーズ

保険会社は、クレームを処理する以外に、旅行保険、医療保険、住宅保険、自動車保険やその他の保険すべてにおいて、時にたくさんの事務処理や雑務に追われ、それをこなすスタッフのエネルギーと時間を浪費することになります。それにはたくさんのデータ入力業務、書類手続き、書類確認その他多くの仕事が含まれます。特に大手の保険会社では、毎年、大量の仕事と数百のクレーム処理をこなしており、自動化することにより、工数削減のメリットがあり、同時に業務処理中に発生するかなりの数のヒューマンエラーも低減できます。従い、RPA(ロボティクス・プロセス・オートメーション、ロボットによる業務自動化)は、人が行っており、非生産的とされてきた事務的で単調な仕事の自動化のニーズに強く結びついています。

保険業界におけるRPAの自動化の難しさ

自動化に対する難しさは、業務の形態の古さ、また組織の限界のため、常に存在します。従来のシステムの使用とこれらシステムへの信頼は、保険業界における自動化にとって大きなチャレンジのひとつです。多くの保険会社では長い間従来型のシステムを使っており、遅れていた既存のシステムの自動化の導入により、業務効率を高めています。これらの難しさの他にも、保険業務の自動化を阻む大きな要素は次の通りです。

  • 既存のITシステムと業務の間の生産的かつ効率的なつながりの確立。一方、時に、従来型のシステムが止まった場合でも、RPAは比較的容易に、様々な各企業特有の業務をカスタマイズし、効率を最適化します。
  • データの標準化は保険業界における自動化処理を妨げる、もうひとつの難しさです。時に保険会社は、日々、大量のデータが発生、それに煩わされます。このデータをフィルタリングし、処理しやすい情報に置き換えることは、自動化システムのもうひとつの難しさです。また、ことなるデータフォーマットで大量のデータを発生させる複数のシステムにより、自動化システムがデータを標準化、同一またはプロセス独自の処理可能な情報への置き換えが難しくなります。
  • 自動化ソリューションには拡張できないものもあります。保険会社の場合は、すべてをひとつのサイズにできない原則があり、それぞれ、ことなるデータと業務量を扱うこととなります。RPAは、これら扱いが難しいシステムを拡張可能にし、保険会社にとって、その規模にかかわらず、高度なソリューションの購入・展開が不要となります。大手保険会社の場合、制限のあるソリューションのため妥協することのないようにします。
  • 上記に加え、保険会社は複数のコンプライアンスを管理する必要があるため、自動化ソリューションが関連のコンプライアンスを統合、コンプライアンス側で起きる変更、更新、アップグレードやその他の展開を可能にします。

保険業界におけるRPAのメリット

保険業界におけるRPAのメリットは広範囲のアプリケーションに密接に関わっています。もちろん、RPAは業務効率向上、労賃・コスト削減、業務拡張、既存のITシステムとの統合、工数削減、手作業とそれに伴うミス低減に貢献し、業務推進の極めて効率的なソリューションとなりえます。また、顧客満足度にも大いに貢献します。最近の保険業界におけるRPAの適用例は以下の通りです。

  • マニュアルデータ入力
  • 規制対応
  • 新しい業務と下書き
  • クレームと詐欺検知
  • 方針管理とサービス
  • キャンセルポリシー
  • 書式登録その他

RPAは自動化の成長分野であり、その応用にはこれからの数年さらに成長が期待されます。

保険業界におけるRPA

ケーススタディ1

某大手生命保険会社様は、加入者登録、商業クレームの試査といった手作業の難しいプロセスに重きを置いていました。しかし、Automation AnywhereのRPAソリューションにより、これらのプロセスを自動化、手作業とそれに伴うミスを低減しました。

ケーススタディ2

某生命保険・フィナンシャルサービス会社様は面倒な人事記録の処理、医師報告書・指示書の処理を自動化しました。RPAにより、年間約20万ドルの節約につながりました。

ケーススタディ3

世界的大企業のクライアントのひとつである某保険会社様は、繰り返しのマニュアルデータ入力作業をなくし、処理を早め、顧客満足度向上を図るソリューションの導入に関心を示されています。Automation Anywhereにより、10のプロセスの短いリストを管理するボットを設計、広範囲の作業をカバー、包括的な効率向上に向け、複数のシステムに拡張可能な、再利用可能のコンポーネントを開発しました。その結果、100%の精度で、処理時間は70%短縮、67%の効率改善、FTE数64%減を実現しました。

日本のRPAソリューション–日本におけるAutomation Anywhereでのセールス、サービス、サポート

日本では、東京、大阪、愛知、北海道、神奈川といった大都市やその他の都市に保険業界のビジネスチャンスがあります。FILOSEは日本におけるAutomation Anywhereのオフィシャルアソシエーツであり、RPAの販売と事業開発、RPAの設計、RPAの導入、RPAの技術サポートを含んだエンド・トゥ・エンドのeコマースRPAサービスをご提供、最高の自動化エクスペリエンスをお約束します。

日本の保険業界ではRPAにより、新業務と下書き、クレーム処理、業務・プロセス分析、マニュアルデータ処理、ソフトウエア資産の利用といった業務やプロセスが可能です。フィデルに関する詳しい情報については、弊社までお問い合わせください。

ご依頼はありますか?

保険業界におけるRPAに関するご要望があれば
いつでもお気軽にお問い合わせください。
私たちが最良の解決策でお応えいたします。