RPA Retail Industry

日本の小売業界におけるRPAのソリューション

RPA for retail

小売業界におけるRPAのニーズ

小売業または小売業界は、ここ数年に渡り数倍もの成長とともに複雑化しています。今までになく膨らむ消費者の期待と需要とともに複雑化が進むと予想されます。一般にRPAと略されるロボティック・プロセス・オートメーションによる業務自動化はその予想を超えた成長とそれに伴う複雑化に対する自然なソリューションです。そこで、RPAとは何でしょう?名前の通り、RPAには機械的な反復作業、または通常時間がかかり、コスト面で非効率的と考えられる単調な業務機能へのロボットの使用を伴います。これらの機能は人間によりプログラミングされたロボットにより自動化されています。

小売業界は基本的な在庫管理から、小売用棚づけ、顧客対応の管理、ロイヤリティプログラムの管理、領収書発行の自動化、顧客コンプレインの処理、広範囲の分析事業報告の発行など、たくさんの業務機能を含んでいます。その中に包括的かつカスタマイズされたRPAソリューションのサポートで自動化可能な業務機能もあります。

Automation Anywhereは、世界中で最も成功をおさめているベストのRPAソリューションプロバイダーのひとつであり、世界中の小売業者に多様なエクスペリエンスと最新技術をご提供します。Automation AnywhereのRPAソリューションは、工数削減という形での有形のメリットの提供を目的としており、プロセスにおける100%の正確さで、組織の年間費用の節約に大きく貢献します。

RPAによる自動化の難しさ

自動化は、ロボットまたはその他何を介するにしても、伝統的に手作業と決まりに大きく頼っているプロセスにとっては邪魔とされます。これは厳密には技術的な難しさではなく、小売の仕組み全体との対峙となります。それは、どのようにでしょうか?

RPAは事務的または単調な作業から人の介入をなくしますが、その為、人員整理と取られがちで、それが現場レベルで受け入れられにくい原因となっています。もちろん、どんな技術も初めはある程度抵抗を受けますが、メリットにより徐々に受け入れられるようになっていきます。そこで、小売業者は次の2点につき理解する必要があります。1つは、技術は前進への道であり、それを受け入れなければ事業は立ち行きません。2つ目は、単調な作業から開放された人々は、もっと生産的でやりがいがあり、報われる仕事につくことができます。

小売におけるRPAの次の難しさはトレーニングです。従来、小売業者は研修に十分な投資をしていません。多くはOJTで、現場に送られます。しかしRPAにより、シナリオを変える必要性があります。小売業者は、低賃金でスキルの低い従業員を、より高い責任の、経営者にとって生産的な高スキル・高収入のスタッフへと成長させるためにはかなりの研修費用を見込む必要があります。そうすることで、小売業者には2つの面でメリットがあります。従業員の仕事のモラールと定着率がより高くなり、従業員が、スキル形成の上でメリットが保証されていれば、小売業者にとってシステム内で高いアウトプットの人材の確保につながり、従業員の離職率の低下につながっています。はじめから、物事はうまくはいかないかもしれません。しかし、適切な研修と導入技術と組織の上下のマネージメントで、RPAは、いずれは成功に導きます。

小売業界におけるRPAのメリット

小売におけるRPAのメリットは、より速い請求処理、より速く、正確な自動化在庫管理、顧客情報管理、経営者の意思決定をサポートするリアルタイムの事業データの提供による販売報告書の作成に関連しています。また、RPAは、自動化された課題処理、優先度に応じた解決方法、課題の程度に応じた上層部への上程により、適切な形での顧客のコンプレインを管理もサポートできます。つまり、RPAは顧客満足と結びついた業務効率向上に貢献します。RPAは、小売管理において次の部分に適用可能です。

  • 在庫管理
  • 業務順序の管理
  • 需要と供給の管理
  • 見積、請求、契約管理
  • 業務分析
  • 払い戻し処理
  • 貨物管理
  • ビジネスインテリジェンス
  • コールセンター処理
  • 各業務に応じて自動化可能な課題、プロセスに基づくコンプレイン処理その他

日本のRPAソリューション–日本におけるAutomation Anywhereでのセールス、サービス、サポート

日本は小売業者にとって成長市場です。小売業者にとって日本では、東京、大阪、愛知、兵庫、神奈川といった都市が成長エリアです。フィデルテックは日本におけるAutomation Anywhereのオフィシャルアソシエーツであり、既存のITシステム内のRPA導入と統合を伴ったRPAの販売、RPAの要件評価、プロセス要件と期待のアウトプットに基づいたRPAのカスタマイズを含むエンド・トゥ・エンドのeコマースRPAサービスをご提供します。フィデルテックは日本において、強力なRPA技術サポートを行い、日本の小売業界に包括的なRPAの提案を行います。

日本における小売業者は、販売分析、需要と供給の計画、店舗設計、営業企画、新製品立ち上げ、製品分類といった仕事やプロセスにおいて、RPAを導入可能です。日本におけるAutomation AnywhereのRPAサービスのフィデルに関する詳しい情報については、弊社までお問い合わせください。

ご依頼はありますか?

小売業界におけるRPAに関するご要望があれば
いつでもお気軽にお問い合わせください。
私たちが最良の解決策でお応えいたします。