RPA Telecom Industry

日本の電気通信業界向けRPA

日本の電気通信業界向けRPA
日本の電気通信業界向けRPA

RPA

  • バックオフィスプロセスの自動化
  • 注文管理とカスタマーケア注文の作成
  • IP電話機器のバルク設定のバックアップ

電気通信業界におけるRPAの必要性

技術の進歩と相まって、世界中で携帯電話ユーザーの数が着実に伸びていること、また過去15年から20年ほどの間に一貫したサポートが 行われてきたことが、電気通信業界の大きな繁栄につながっています。 世界的に見れば、他の企業やより迅速なコミュニケーションの必要性が高まると予測されるため 、将来的にも有望視されています。

にもかかわらず、この成長により電気通信プロバイダーにいくつかの課題が生じており、自動化の必要性はそのうちの1つにすぎません。 通信事業者は、最高に競争の激しい環境で事業を展開しています。 顧客がそこにいくつかの選択肢を持っているため、ペースの遅いサービスは、運用上、技術上および管理上の効率性と相まって、ビジネスの機会損失の可能性があります。 今日の電気通信プロバイダーは最新のテクノロジーへのアクセスを確実に獲得しています。 しかし同時に、データ管理、コスト管理、人材確保、そして新しいサービスの導入を通じて市場の動向に追いつくなどの難題に毎日のように直面しています。

RPA(ロボテッィク・プロセス・オートメーション)は、通信業界でもうまく機能しています。 RPAは、何百万ものバックエンドスタッフのみならず、顧客サービス、請求処理、コールセンターの業務プロセス、データ管理、問題の優先順位付けとその後の解決など、さまざまなフロントエンド処理からなっています。 自動化を進めるほど、効率は上がります! 電気通信業界は、 労働力 、技術、そしてインフラ重視の事業です。 これらの要素のすべてが大量に必要です。 したがって、電気通信業界は間違いなくRPAの必要性を軽視することはできません。

電気通信業界における自動化の課題

これまでに実績のあるオートメーションにとっても、電気通信業界は対処が容易な顧客ではありません。 ここでの最大の課題はデータ管理です。 通信事業者は、毎日、おそらく1分ごとに、何十億ものデータバイトを生成しています。 このデータを保存し、不要な部分を取り除き、必要な部分をビジネス対応の情報に変換するのは、面倒で時間がかかる作業です。 古くからある自動化技術は必要とされる技術には及ばない可能性があり、それが、RPAがデータ管理を簡素化し、より良い意思決定のための必要なインサイトの提供を可能にする画期的なソリューションとして登場したその理由です。

顧客との窓口では、遅くて非効率的なコンタクトセンターサービスにより、多くの電気通信プロバイダーが顧客を失っています。 ここで顧客にとって最も重要なのは、結局無駄となる長い保留時間、またはソリューションの準備が整ったときのコールバック要求またはその確保です。その上、従来のコールセンターのプロセスでは、重要度に基づいて課題に優先づけすることはめったにありません。これは、カスタマーリテンションの観点からの、通信プロバイダーにとってのもう1つの重要な課題です。 ただし、RPAのカスタマイズされたアプローチは、問題を解決するための優先順位付けから始まるため、迅速で正確なソリューションの形でエージェントの効率を高めるのに役立ちます。

電気通信会社におけるRPAのメリット

先に述べたように、電気通信は大きなプレイグラウンドに似ており、 やるべきことはたくさんあります。現在、RPAは、支払い処理、期限内請求、請求の正確性、文書検証と SIM割り当てプロセスの 迅速 化、顧客サービス、番号のポータビリティ、データ入力、データ などの非常に多くのサービス分野をカバーしてい ます。処理とデータ管理、問題の優先順位付けと解決などにより、次のようなメリットがあります。

  • 効率の向上
  • プロセス精度
  • 労働コスト低減
  • 人時間の節約
  • データ紛失の根絶
  • カスタマーサービスの向上
  • コールセンターの効率向上
  • 迅速なソリューションと平均処理時間の短縮、および顧客の保留時間

RPA電気通信のケーススタディ

RPAの主なケーススタディをいくつか見てみましょう。

ケーススタディ 1

900万人を超えるワイヤレスの顧客を擁する一流のある電気通信団体では、顧客との日常的なやり取りのためにマニュアルで管理されたプロセスを行ってきました。 7人の従業員を必要とするプロセスの自動化には、機密性の高いバックエンドシステムを備えた包括的で互換性のあるロボット自動化プロセスと新しいCRMソフトウェア、そして完全なデータセキュリティが求められます。 RPAを導入により、手作業によるデータ収集と通信プロセスを模倣、同社のCRM製品との迅速なやり取りを促進 、従来のバックエンドプラットフォームで顧客データベースを更新しました。 ロボットによる1つのプロセスのみの自動化により、年間235,000ドルの節約、工数の75%の削減に貢献、不具合発生0%を達成しました。

ケーススタディ 2

ある大規模電気通信企業では、毎日のExcel入力の繰り返しの課題に直面していました。その結果、他のバックオフィスプロセスにも影響を与えていました。 注意深く自動化を見直した結果、約100ものバックオフィスプロセスにおけるRPAの必要性が確認されました。 日常業務におけるロボットの導入により、初年度の手作業による参加は約25%減少しました。 さらに、実装部分の完成後、約35%のマニュアルのExcel入力の削減が予測されました。 全体として、日々の業務にRPAを導入した後の同社の財務部門は、約20〜21%のコスト削減を実現しました。

日本でのRPAソリューション – Automation Anywhere 日本での販売、サービス、サポート

電気通信は日本での成長産業です。 この点で主要な都市のいくつかは東京、神奈川、埼玉、千葉、そして大阪です。 Automation Anywhereは 、日本のRPAの正規代理店である フィデルテック により、日本でのRPAのプレゼンスを確立し ました。 フィデルテック は、日本においてRPAの販売、レビュー、リサーチ、実装およびテクニカルサポートサービスなど、幅広いAutomation Anywhere RPAサービスを提供しています。日本の電気通信プロバイダーとして、重要なバックエンドとフロントエンドのプロセスで大幅なコスト削減をお考えであれば、是非私共にご相談ください。

日本の通信会社は、バックオフィスプロセスの自動化、注文管理、カスタマーケア注文の作成、IP電話機器の一括設定バックアップなどのタスクやプロセスにRPAを実装可能です。 フィデル – 日本におけるAutomation Anywhere RPAサービスの詳細については、弊社までお問い合わせください。

ご依頼はありますか?

通信業界におけるRPAに関するご要望があれば
いつでもお気軽にお問い合わせください。
私たちが最良の解決策でお応えいたします。