servicenow faq japanese

servicenow japan

サービスナウよくある質問

サービスナウよくある質問

サービスナウよくある質問

質問 : インポートセットとは?

回答 : インポートセットを使用すると、管理者はさまざまなデータソースからデータをインポートし、そのデータをServiceNowテーブルに移すことが 出来ます。データソースとトランスフォームマップを定義することで、データのインポートを実行またはスケジュールできます。

質問 : OLAとは?

回答 : オペレーションレベルアグリーメント(OLA)は、サービスレベルアグリーメント(SLA)をサポートする相互依存関係と定義されます。 このアグリーメントは、各内部サポートグループの、他のサポートグループに対するサービスの提供の為のプロセスと時間枠を含む責任を意味します。 OLAの目的は、サービスプロバイダーの内部サポート関係の、明確かつ簡潔で測定可能な記述を提示することです。

質問 : オーケストレーションとは?

回答 : ServiceNow のオーケストレーションは、ワークフローエンジンを拡張してプロセスを管理し、ServiceNow事例外のものを自動化します。 オーケストレーションは、ServiceNowの他のプラットフォームとは別のサブスクリプションとしての利用が可能です。 オーケストレーションは、 リモートサービス、サーバー、アプリケーション、およびハードウェア上の単純もしくは複雑なマルチシステムタスクを自動化します。 オーケストレーションプロセスは、すべての管理分野を横断し、ホスティングサービス及び全タイプのインフラストラクチャ要素と互いに 作用し合うことが出来ます。 これらの機能は、ITおよびビジネスプロセスを迅速かつ確実に管理するための強力なシステムを提供します。

質問 : トランスフォームマップとは?

回答 : トランスフォームマップは、インポートセットのフィールドとServiceNowテーブルに既存しているフィールドとの関係性を定める フィールドマップのセットです。例えば、インバウンドデータにインシデントの優先度と重要度のフィールド名が付けられていた場合、 優先度やインパクトなどのServiceNowインシデントフィールドにそれぞれマッピングすることが出来ます。

質問 : CSVをServiceNowにインポートする方法は?

回答 : 共通の文字もしくはカンマ以外の文字で区切られたCSVファイルは処理をすることが出来ます。CSVファイルは、プラットフォーム間でファイルを 転送するための相互互換性のあるファイル形式として使用されます。 CSVファイルは、グリッドを定義するテキストファイルです。ここでは、カンマは 列を定義し、改行は行を定義します。文字列をインポートするための正確な間隔を定義する為に、オプションでテキストを引用符で囲むことも可能です。

質問 :ServiceNowのリモートファイルをインポートする方法は?

回答 : SFTPファイルアクティビティを使用することで、SFTPサーバ上のファイルとディレクトリの管理、および特定のSFTPサーバから別の SFTPサーバにファイルを移動することが出来ます。 SFTPアクティビティパックには、一般ファイル転送タスクの有効範囲付きのアクティビティと、 それらのアクティビティを含む使用準備の整ったワークフローが含まれています。 SFTPワークフローを使用して、移動するファイルの選択、 ファイルが満たす条件、ファイルの移動順序、および上書きオプション実行の選択を制御できます。

質問 : ServiceNowにデータをインポートする方法は?

回答 : データをインポートするには、データソースとトランスフォームマップを定義し、インポートを実行またはスケジュールする必要があります。 データソースは、ファイルインポート、JDBC、LDAPなど、必要なタイプのインプットで構成する必要があります。次にテーブルに トランスフォームマップを作成する必要がある為、インポートテーブルのマッピングフィールドを使用し、すべてのデータをインポートテーブルに取り出します。 最後に、スケジュールを使用し変換を実行します。

質問 : ガイド付きセットアップとは?

回答 : ServiceNowはすべての事例でITSMやITOMのようなリロードされたアプリケーションを提供します。組織の必要性に応じては、これを変更しなければ いけない場合があります。そのような場合にはガイド付きセットアップの実用性を使用して、ITSM、ITOM、パフォーマンス 分析、および データサービスシステムの標準化において必要なカスタマイズを行います。また、ITFMやAPMのようなアプリケーションやその他のプラグインを 有効にする為のガイド付きセットアップも存在します。

質問 : ServiceNowにおける統合とは?

回答 : ServiceNowは、第三者のアプリケーション関連のシステムとの通信およびそれらの間のデータ交換によって、それらのアプリケーションとの統合を サポートします。インバウンド・アウトバウンドアクションやREST&SOAP API、MIDサーバー、SSHサービスもしくはSFTPサービスを使用して 統合を行うにはいくつかの方法があります。データソースはインテリジェンスとしても使用することができ、ServiceNowに引き渡しする前に データフォーマットを知ることやデータを変更して処理することができます。

質問 : ServiceNowには、どんなレポート方法があるのか?

回答 : ServiceNowのレポート方法は、レポートアプリケーションやカスタムレポート、パフォーマンスアナリティクスを使用する方法など、いくつかの 方法があります。これらの方法を使用して、個人の関心のあるデータを表示するためのユーザーダッシュボードやホームページを作成することができます。 また、CMSとサービスポータルを使用してレポートをユーザーに送信することも可能です。

質問 : ServiceNowにおいてのSLAとOLAとは?

回答 : サービスレベルのマネージャーは、提供されるサービスの範囲、品質、および速度を定義する、サービスプロバイダと顧客間の一連の契約を 担当します。サービスレベルアグリーメント(SLA)は、定められたタイムスケール内でのサービスへの期待と、サービスレベルが満たされていない際の 監視機能を顧客に提供します。オペレーションレベルアグリーメント(OLA)は、サービスレベルアグリーメント(SLA)をサポートする相互依存関係と 定義されます。このアグリーメントは、各内部サポートグループの、他のサポートグループに対するサービスの提供の為のプロセスと時間枠を含む責任を 意味します。OLAの目的は、サービスプロバイダーの内部サポート関係の、明確かつ簡潔で測定可能な記述を提示することです。

質問 : ServiceNowにおいてオートメーションを行う方法は?

回答 : ServiceNowには、ユーザーが必要に応じてワークフローを定義し、それに応じてスケジュールを設定出来る機能があります。 ServiceNowのオーケストレーションでは、ワークフローの機能をREST API、SOAP API及びMIDサーバーと共に活用してオートメーションを行います。

質問 :ServiceNowにおいて最も注目すべきアプリケーションは?

回答 : サービスカタログです。サービスカタログを利用することで、組織はデジタルトランスフォーメーションを推進することができ、 近代的でユーザーフレンドリーな店舗を通じた幅広い製品やサービスの提供が可能になります。ユーザーにとっては、自分のお気に入りのオンラインサイトと 同じように、満足度の高いセルフサービスと、より迅速なリクエスト処理速度を感じることが出来るようになります。

質問 : ServiceNowにおけるCMDB及びアセットマネジメントとは?

回答 : アセットマネジメントと構成管理データベース(CMDB)は関連はしていますが、異なる目的を伴います。アセットマネジメントは、 会社の資産の財務追跡に重点を置いています。CMDBは、利用可能なサービスネットワークを構成する要素の構築と維持に重点を置いています。

質問 : ServiceNowにおけるアプリケーション開発とは?

回答 : ServiceNowにおいてアプリケーション開発とは、購入、ダウンロード、インストール、有効化または‘開発’をする為のServiceNow アプリケーションのことです。ServiceNowは、組織の要件に応じたシステム運用を可能にする為に使用するシステム開発の為の“アプリケーションスコープ” 内のアプリケーション開発の為のStudioを提供します。

質問 : バーチャルエージェントとは?

回答 : バーチャルエージェントとは、選択した会話型インターフェイスを使用して、社員と顧客が一般的なServiceNowアクション(ITリクエスト、 人事タスク、顧客サービスに関する問い合わせ)を解決するための会話型ワークフローを構築するのに役立つチャットボットソリューションです。

もしも貴社もServiceNowについてこのようにお困りのことがございましたら、是非フィデルのServiceNowカスタマイズソリューションをご利用ください。 03-3351-3160にお電話もしくはinfofidel@fideltech.comにご連絡ください。

私たちにご依頼はありますか?

サービスナウに関するご要望があればお気軽にお問い合わせください。
私たちが最良の解決策でお応えいたします。