業務委託・オフショア開発の不安点

業務を委託する企業様にとって、初めて依頼する際はたくさんの不安があるかと思います。
ましてや、オフショア開発で海外に頼むとなれば、さらに不安なことが増えるのではないでしょうか?

この記事では、フィデルにこれまで寄せられた中でも多く聞かれた質問を、私たちの対応例と共に紹介いたします。

1.実現能力は?

フィデルのプロジェクトの一例をご紹介いたします。

  • 製品開発は以下の方法で行います。
    ・スクラム
    ・アジャイル
    ・スプリント
    ・MVP
  • プロジェクト管理には以下のツールなどを使用します。
    ・Zephyr
    ・TestLink
    ・TestRail
    ・Qmetry
    ・ServiceNow
  • コラボレーションツールとしては以下のツールなどを使用します。
    ・MS Teams
    ・Jira
    ・Asana
    ・Slack
    ・Trello
    ・ZOHO Projects
    ・Podio

 

2.品質は大丈夫なの?

フィデルのインドオフィスではISO9001(品質マネジメントシステムの国際規格)とISO27001(情報セキュリティマネジメントシステムの国際規格)を取得しています。
これらを活かし、品質とデータセキュリティに関する十分な知識と経験を持って、お客様に高品質なサービスをご提供いたします。

 

3.セキュリティ面は?

  • フィデルのネットワーク全体でUTMベースのセキュリティ管理を行っています。
  • お客様の指定のデータセキュリティプロセスに従うことも可能です。
  • お客様からのご要望があれば、チームメンバーが秘密保持契約(NDA)に署名することも可能です。
  • オフィスビルの物理的なセキュリティ体制も整っています。

 

4.ちゃんと期限と予算内でプロジェクトが遂行される?リモートチームの監視方法は?

フィデルではお客様のご要望に合うよう、3つの契約モデルをご用意しています。

(1)ODC/OTC(専用の開発センター/テストセンター)

  • オフショア開発センター(Offshore Development Center)
  • オフショアテストセンター(Offshore Test Center)
  • 専任チーム/専用のインフラ/専用の管理方法をご提供

(2)固定価格

  • オーバーヘッドがなく、詳細レベルでの関与が不要のモデル
  • 開発の責任はフィデル側
  • お客様側で必要なのは概要レベルで管理してレポートすることのみ
  • 提供スケジュール、品質、効率はフィデルが管理

(3)タイム&マテリアル(T&M)

  • お客様と相談して決めたマンパワーを提供
  • お客様側でプロジェクトを所有して管理
  • お客様側で管理するために必要な詳細レポートを Fidel は提供

5.海外に業務委託する時って消費税はどうなるの?

日本から海外に業務を委託する時は、消費税は課税されません。
フィデルも、インドのオフィスに委託することになりますので、消費税はかかりません。

その他、フィデルのインドITチームの納品のしくみと特徴もご紹介いたします。

 

①時差について

フィデルはインドからオフショアサポートを提供します。
インドとの時差は3時間半と、少ないです。
インドチームは、朝7時頃(日本時間 10:30 AM)から作業を開始します。
なのでタイムロスすることなくお客様とのミーティングへの参加やリアルタイムでのSkype通話などが可能です。

 

②プロジェクトの遂行スタイルについて

日本のお客様に合わせてウォーターフォール方式で実施可能。
ですが反復型の製品開発プロジェクトでは、アジャイル–スクラム方式で実施が可能です。

 

③コミュニケーションの方法

  • チームには英語と日本語を話せるメンバーを配置
  • 大半のコミュニケーションは、メール/Skype/Slack/Zoomなどを使用

例えばSkypeで週次の進捗ミーティングを行い、日次でスタンドアップミーティング、という形も可能です。
加えて必要に応じたミーティングを適宜行います。

いかがでしたでしょうか。

海外業務委託、リモート開発・オフショア開発に関する皆さんの疑問や不安は解消されましたか?

もしまだわからないところ、気になるところがある、という方はぜひお気軽にご連絡ください。