UPIのパワーを解き放つ:インドのデジタル決済に革命を起こす

UPIのパワーを解き放つ:インドのデジタル決済に革命を起こす

https://www.fidelsoftech.com/news-and-blogs/upi-revolutionizing-digital-payments-in-india10年ほど前、インドでの取引の大部分は現金で行われており、カードで決済したがらない人はどこでも見られました。お金の代わりに飴をもらうことが頻繁にあった当時のことを思い出せますか?しかし、目の前でデジタル決済革命が起こり、決済の方法は完全に変化しました。これによって、決済処理は手間がかからず、ストレスがなく、安全で、信じられないほど簡単になりました。

現在では、タクシー運転手や自動人力車の運転手から係員付き駐車サービス、野菜販売業者から料金の支払い、電気代からブロードバンド接続に至るまで、誰もが UPI を受け入れるようになりました。お気に入りのチャイ&サモサ(インドの有名なスナック)コーナーでさえ、UPI決済が可能です。これは、非常に保守的で伝統的なインドのような国では信じられないかもしれません。

現実の政策問題に対する技術的な解決策を持つインドの魅力と能力の一例
UPIによって、インドのイノベーション能力は世界に注目されました。
革命的なコンセプトは、インドの決済インフラを改革するだけでなく、
効率的でシンプルで規模の大きいリアルタイム決済システムを構築するための他の国のケーススタディとしても浮上しています。

過去10年間のインドのデジタル取引グラフに関して、高評価の組織の最近の分析レポートにアクセスできます。

UPIとは:

UPIフルフォームは、統合決済インターフェースです。これはインドにとって、キャッシュレス経済へ移行していく上での重要なマイルストーンでした。この革新的なプラットフォームにより、個人はスマートフォンを仮想デビットカードとして利用でき、シームレスで安全な取引が可能になったのです。UPIを使用すると、ユーザーは簡単にお金を送受信することができ、デジタル金融の利便性の新しい時代が到来しました。

統合決済インターフェース(UPI)は、複数の銀行口座を(任意の参加銀行の)単一のモバイルアプリケーションに統合するシステムであり、複数の銀行機能、シームレスな資金ルーティングとマーチャント決済を1つのフードに統合します。また、要件と利便性に応じてスケジュールと決済が可能な「ピアツーピア」コレクトリクエストにも対応しています。

UPIの特徴とは?

  • 即時送金:週末や休日でも、いつでも、どこでも、モバイルデバイスを介して即座に資金を送金できる利便性があります。
  • 連結バンキング:単一のモバイルアプリケーションから複数の銀行口座にアクセスし、銀行業務を合理化します。
  • 安全なシングルクリック認証:プラットフォームは、規制ガイドラインに準拠しながら、堅牢でシームレスなシングルクリック決済機能を提供し、セキュリティを強化します。
  • 仮想顧客住所:プル・プッシュ機能を使うと、カード番号、口座番号、IFSCコードなどの機密情報を入力せずにトランザクションを実行でき、セキュリティの追加レイヤーを作成できます。
  • QRコード統合:QRコードをスキャンして決済を簡素化し、現金を持ち運ぶ必要がなく、代金引換注文の正確な変更を行う必要がありません。
  • マーチャント決済が簡単に:単一のアプリケーションまたはアプリ内決済を使用して、マーチャントに簡単に決済を行うことができ、利便性と効率性が向上します。
  • 多様な決済オプション:公共料金の決済や店頭での決済も、QRコードを利用して、スキャンアンドペイなどの迅速で便利な取引を実現します。
  • 寄付と支出の合理化:寄付、回収、支出をシームレスに管理し、財務活動の拡張性を確保します。
  • モバイルでの苦情の解決:モバイルアプリケーションから直接苦情を簡単に送信できるため、発生する可能性のある問題を迅速かつ効率的に解決できます。

UPIの現在の状況:

インド経済の変革の歯車はすでに動き出しています。2023年1月には、800クローに相当する80億件の取引が統合決済インターフェース(UPI)上で行われ、約2,000億ドル(およそ2,000億ルピー)という驚異的な金額に達しました。UPIを担当する政府機関であるインド国立決済公社(NPCI)によると、デジタル決済は現在、インドのすべての金融取引の40%を占めています。この斬新な変化は、インドの伝統的な現金依存からの実質的な脱却を意味し、インドの経済状況に新しい時代の幕開けを予言しています。

UPIの中核となる柱:

インドは国内の即時決済システムを構築し、商業を変革し、何百万人もの個人を秩序だった経済に引き入れました。この達成は、政府のイニシアチブと強力な官民パートナーシップの組み合わせによって実現されました。

このネットワークを通じて、インドは、急速な技術革新がいかに発展途上国に斬新な影響を与え、経済成長を促進するかを、前例のない規模で実証してきました。インドは、この官民モデルを輸出し、世界の貧しい国々を向上させるアイデアのインキュベーターとしての地位を確立することを目指しています。この取り組みの中心には、有名なジャムのトリニティーであるヤン・ダン・アカウント、アドハー、モバイルがあります。これらの3つの柱は、インドの経済生態系全体に革命をもたらしました。

最初の柱であるヤン・ダン・ヨジャナは、すべての成人インド人が銀行口座にアクセスできるようにすることで、金融的包摂を達成することを目的として立ち上げられました。2022年の時点で、なんと46.25クロールの銀行口座が開設され、56%は女性によるもので、67%が農村部や準都市部、合計で1,73,954ルピーになりました。

2つ目の柱であるアドハー(Aadhar)は、インドのアイデンティティサービスを変革しました。アドハー IDはデジタル認証ツールとして機能し、2要素認証または生体認証IDのいずれかを利用します。アドハーベースの認証は、銀行や通信会社などの機関にとって有用なものになっています。今日、成人の99%が生体認証番号を持っており、13億以上のIDが発行されています。こうしたIDは、銀行口座開設の処理を合理化し、インスタント決済システムの基盤を形成しています。

第3の柱はモバイルに焦点を当て、インドの電気通信分野における目覚ましいデジタル革新に焦点を当てています。2016年に民間企業が参入したことで、データのコストは95%急激に下がりました。その結果、すべてのインド人は手頃な価格で簡単にインターネットにアクセスできるようになりました。このため、eコマース、食品配達、OTTコンテンツといった分野がインドで繁栄するようになりました。最も重要なことは、最も遠く離れた場所や国内で最も過小評価されている人であっても、デジタル決済システムにアクセスできるようになったことです。

UPIのグローバル展望:

統合決済インターフェース(UPI)などのインドのデジタル決済システムは、シームレスなクロスボーダー取引を容易にし、資金移動や送金決済に関連するコストを削減するため、世界的な注目を集めています。その優れた例として、最近UPIとシンガポールのPayNowが統合され、P2P(ピアツーピア)決済システムを介して両国の居住者間で即時送金が可能になったことが挙げられます。

この開発に加えて、近日中に、UPI決済機能はG20諸国からのインバウンド外国人旅行者にも拡張され、マーチャント決済を楽に行えるようになります。さらに、国際的な選ばれた郡に居住する在外インド人(NRI)は、インドの携帯電話番号がなくてもUPIプラットフォームで取引を行うことが可能になります。

UPIやRuPayなどのインドのデジタル決済システムは、シンガポール、UAE、オマーン、サウジアラビア、マレーシア、 フランス、ベネルクス市場(ベルギー、オランダ、ルクセンブルク)、スイス などです。さらに、インドは、デジタル決済にUPIインターフェースを採用することを目的とした13カ国との間で覚書(MOU)を締結し、インドの強固な決済インフラに対する国際的な関心を強調しています。

UPIは、トランザクションの実行方法に革命をもたらし、何百万人ものユーザーに利便性、アクセシビリティ、セキュリティをもたらしました。UPIは、さまざまなプラットフォーム間でシームレスに統合され、ピアツーピアの即時取引を容易にする機能を備えているため、金融包摂と経済成長の触媒となっています。インドがUPIの力を引き続き活用することで、デジタル決済の分野でさらなる進歩と革新を期待でき、最終的には国のためにつながりを強化されたキャッシュレスな未来を形作ることができます。

上記のブログを英語で読むには、ここにクリックしてください。