標準の表形式でないCSVファイルの読み込み

ケーススタディ:標準の表形式でないCSVファイルの読み込み


 
ある大手グローバル企業では、さまざまなソフトウェアやシステムを使用しており、さまざまな形式のレポートが作成されています。この企業は、すべてのレポートを標準フォーマットでインポートする方法を合理化できるServiceNow - ITSMプラットフォームを導入する必要がありました。

そのため、システムのカスタマイズや設定を行うための導入パートナーを探していました。通常、ServiceNowはテーブルのデータをインポートする際に、文章を含む標準的なフォーマットを使用します。しかし、弊社のスケジュールスクリプトを使用すれば、同じフォーマットで正しくデータをインポートすることができます。スケジュールスクリプトは、レポートをインポートし、標準フォーマットに変換するために使用されます。

課題

ServiceNowのテーブルのデータをインポートするには、標準的な表形式のCSVファイルが必要です。

  • 様々なソフトウェアやシステムからのファイルで、標準的なフォーマットになっていないものがあります。例えば、最初にいくつかの行に文章があり、その後テーブルデータが始まるというようなものです。
  • このようなデータをインポートしてServiceNowのテーブルデータに入力する際に、最初のヘッダー行を検索してしまい、テーブルデータの挿入に失敗してしまいます。

解決方法

  • Scheduled Data Importによる品質変換Mapをスキップしています。
  • Scheduled Scriptを使って特定のファイルを読み込み、Service Nowテーブル内にスクリプト経由でデータをインポートしています。

結果

データは標準的なCSV形式で入力し、ファイル内のどこにでも表形式のデータを入力します。スクリプトはそれを読み込み、データを正しくインポートします。また、タブ区切りとしてカンマをサポートしています。そのため、期待通りの結果が報告書に反映されます。

もし、同じ問題に直面しているなら、弊社にご連絡ください。弊社でサポートを承ります。

連絡先: infofidel@fideltech.com