Data Creation & Data Analysis

AIトレーニング用音声データ生成や分析

AIトレーニング用音声データ生成や分析

AI、チャットボットのトレーニング用の各言語音声データの生成

フィデル・テクノロジーズはAIやチャットボットのトレーニング用に各言語の音声データの生成を行っています。各国・各地域に作業チームを結成し、音声提供者の募集や収録、整理・分類し、サンプリング周波数 8KHz または 16KHz 音声データとして生成します。生成した音声データからテキストを書き起こし、クライアントとあらかじめ合意したルールに基づきアノテーション(メタ情報付与)し、クオリティを保証(QA)したすぐに利用できる高品質のデータとしてご提供します。これらの全プロセスを高速で処理するため、自社開発にて様々なソフトウェアを開発し、特にQAプロセスの効率向上に貢献しています。

東アジア言語(日本語・中国語・韓国語)、東南アジア言語(ベトナム語、シンガポール英語、マレー語、)、インド言語(ヒンディー語、タミル語、テルグ語、グジャラート語、ベンガル語)で既に実績がございます。

 

センチメント分析

フィデル・テクノロジーズはセンチメント分析に関する作業支援も承ります。センチメント分析とは、対象となるテキストや音声などを分析し、肯定的、否定的、あるいは中立的にとらえているのかなど「感情」について分析する技術です。ここ数年ECサイトを始めとするオンラインサービスの普及により、企業がユーザーと接する機会は必ずしも直ではなく、チャットボット(テキスト)やコールセンター(音声)で行われる機会が大変増えています。例えばコールセンターで対応した音声を録音し、その内容にセンチメント分析を行うことにより、お客様の満足度を計測し、サービスのチューニングを行う企業が増えています。フィデル・テクノロジーズはお客様から音声データをお預かりし、これらのデータをテキストに書き起こし、センチメントモデルを元にアノテーション(メタ情報を付与)して、データをお返しします。お客様は自社AIを利用して満足度を数値化し、サービスの機能改善や新たなサービス需要の開拓などに活かすことができます。

 

データ分析とレポート作成

外資系企業では、日本と本国のそれぞれの管理部門に対し、売上、財務、人事、市場動向などさまざまな情報を報告する必要があります。これらのデータは日本語と英語それぞれで作成されるなどしており、大変煩雑な業務です。フィデル・テクノロジーズでは、これら報告文書を翻訳し、マルチリンガルレポートとしてご提供します。翻訳者による翻訳で受け持つべき部分と、数値など翻訳不要な部分、役職名や組織名など音訳(カタカナ表記やローマ字表記)する対訳置換プログラムをあらかじめ作成しデータを変換できる部分などを分析の上、もっとも効率的に対応いたします。

 

対訳置換コンバーター

例えばECサイトの見た目をそのまま翻訳しても、商品データベース内の各項目をどのように翻訳するのかは問題点の一つです。データベースに言語毎のフィールドを追加すると、プログラムのテストと修正に工数がかかり、時間と費用が膨大になります。フィデル・テクノロジーズの関連企業・LinguaSolはこのような場合に効率的に機能する対訳置換コンバータープログラムをミドルウェアとして開発しました。ユーザーが検索フィールドに入力したテキスト(例えば「じゃがいも」)をコンバーターはあらかじめ辞書にあるテキストと照合の上置換(「Potato」)し、ECサイト側から見るとまるでネイティブ言語で検索されているのと同じように商品検索が可能です。ヒットした結果は再度コンバーターで変換され、ユーザーの画面にはユーザーの言語で表示(アイダホ産じゃがいも、北海道産じゃがいも など)されます。コンバーターは辞書(対訳リスト)にあらかじめ収められた対訳を利用します。この対訳置換コンバーターはミドルウェアとして動作しますので、お客様のECサイトにおいてコア部分に手を加えず実装が可能です。セキュリティーを保ち、実装に際して費用や期間を短縮することができます。

フィデル・テクノロジーズへのご意見、ご要望、ご質問は
右のフォームよりお気軽にご連絡ください。