RPA Logistics Industry

日本の物流業界におけるRPAソリューション

rpa for logistics

物流におけるRPA – 概要

物流業務は主に、安全、確実、効率的に物品を運び、届けることからなっています。その目的は、極めてシンプルで区分けされたものです。しかし、物流には物の行き交い、在庫管理、スペース管理、輸送管理、請求、経理その他たくさんの複雑な業務を伴います。それらの業務のマニュアルでの管理は、特に業務量と物流が大量になった場合、当然、非常に煩雑なものとなります。更に物流は、ことなるサイズの物を運び、届けることであり、手作業のエラーを処理する余裕は十分でなく、手作業の場合のエラー発生の確率も極めて高いものです。他の業務との関係で、生産性の高い時間/リソースがある一方、明らかに非生産的または極めて機械的で、自動化した際あまり、またはまったく手作業での介入の必要がない業務もある、というもうひとつの側面があります。

RPAはどのように物流をサポートするか?

ロボティクス・プロセス・オートメーションは、まだ発達段階ですが、よく知られたコンセプトであり、物流業界への適用も短時日のうちに広く行われています。もちろん、物流におけるRPA適用のメリットはいくつかあります。しかし、ご存知の通り、物流機能にはたくさんの面倒な手仕事があり、仕事量が多い時や、ハイシーズンの場合は大変で、ここに物流におけるRPAのニーズを定めるポイントがあります。
RPAは、機械的な仕事を自動化したいという基本的な動機で、Eメールの読解や、業務での顧客や新しい客先のオンボードプロセス、顧客の反応、予約日程管理を自動化し、顧客サービス担当者が、より生産的で高品質の業務に集中できるよう、ソフトウエアボットの展開でサプライチェーンの効率を向上させるために取り入れられています。また、RPAは社内システムからB2Bポータルへの面倒な手作業を排除、様々なフォーマットの、まとまっているデータや、そうでないものを収集、加工、連絡し、迅速な意思決定をサポートします。

物流における自動化の難しさ

RPAにメリットがあり、多くの企業がRPAを採用しているにもかかわらず、物流業界は新技術の導入が遅い業界です。これはRPAにとって困難なわけではなく、物流の難しさです。しかし、現場でのRPA導入に対する抵抗があり、これにより物事が複雑になっています。また、物流センターで様々な業務が独自に行われている上、自動化されていない機能の存在があり、そのため、カスタマイズされた自動化ソリューションが必要で、新時代の自動化システムの導入を難しくしています。その上、物流における自動化は、調達、分配、受注処理・管理、倉庫管理、在庫管理、その他の業務といった様々な機能を伴うため複雑です。それぞれの業務の機能には、自動化するにあたり独自のアプローチが必要で、物流業界で一般的に自動化のコストが高い原因となっています。また、素早い反応や、膨大な量のデータの管理が、物流の自動化のもうひとつの課題です。RPAは新時代の自動化技術として、物流業務に関わる複雑さすべてに対する最適なソリューションです。

物流業者におけるRPAのメリット

  • 向上したカスタマーエクスペリエンスとサービス
  • 拡張可能な業務
  • 業務の促進
  • より高い業務効率
  • リアルタイム情報の利用の可能性につながるより速いデータ処理、
  • より速く、情報を伴った意思決定
  • より速いコミュニケーション
  • 手作業のミス低減

物流業界におけるRPAの例

ケーススタディ1

書類の処理と管理は物流につきものです。配達、輸送、保管と請求処理には、数枚の書類が必要でこの管理が難しく、さらに管理者にとって時間のかかる仕事です。あるグローバル企業様では、Automation AnywhereのRPAソリューションにより書類管理の部分を自動化、年間40万ドルの節約に成功しました。

ケーススタディ2

もうひとつのグローバル物流企業様では、請求管理の部分とその他数種の業務プロセスを自動化しました。Automation AnywhereのRPAソリューションにより、処理時間を25%短縮、煩雑で単調な業務の工数を削減しました。

ケーススタディ3

RPAはその他たくさんのケースにおいて、支払トラブルの解決、請求書発行と代金回収、アポイント日程の自動化、出荷追跡と日程管理その他多くの業務の自動化を行っています。

日本のRPAソリューション–日本におけるAutomation Anywhereでのセールス、サービス、サポート

物流は日本において盛況の産業で、愛知、大阪、神奈川、福岡、千葉といった都市に需要が集中しています、フィデルは日本におけるAutomation AnywhereのRPAアソシエーツであり、下記のRPAサービスを包括的に提供します。

  • RPAの要件の評価
  • プロセスに特化した結果に基づくRPAソリューションの設計
  • RPAの試験と実行
  • RPAの販売
  • 円滑な機能に向けた24/7の技術サポート

RPAは人間の動作を真似、業務促進のためそれらを自動化、手作業に比べ高効率を提供するため、自動化の未来を容易に想像できるものです。世界に広がる多くの産業とともに、RPAは成長が見込まれます。テーラーメイド、結果志向のRPAソリューションを期待される経営者の方は、フィデルテックとのパートナーシップが必要です。

日本の物流業者は日程管理、出荷追跡、請求書発行と代金回収、配達記録といった業務やプロセスでRPAを導入しています。フィデルに関する詳しい情報については、弊社までお問い合わせください。

ご依頼はありますか?

物流業界におけるRPAに関するご要望があれば
いつでもお気軽にお問い合わせください。
私たちが最良の解決策でお応えいたします。